RSS
砥部焼専門点「砥部工房 からくさ」8,640円以上で送料無料

砥部焼ができるまで



砥部焼の白磁は真っ白でもなく黄ばんでもおらず独特の落ち着いたあたたみがあります。
手仕事によって生み出される、その素朴な形の味わいある色
手描きによる染付は長く人々に愛され続けています。
手仕事を守り続ける砥部焼。その製造工程をご紹介させていただきます。



● 1



陶石、陶石採掘 

採掘された磁器の原料となる陶石を、専用の機械で粉末にします。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● 2





製土、土作り 

粉末にした陶石に水を加え、十分にかき混ぜます。
不純物を取り除き水を切り、専用の機械を使って空気を抜いて土を作ります。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● 3



手造り 

円形のものはろくろに土をのせ回転させて形を作り
角型のものなどは鋳込み型(いこみがた)と呼ばれる型に土を流し込んで形を作ります。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● ● 4



削り、仕上げ 

ろくろや鋳込み型から外し、余分なところを削っていきます。取っ手をつける器は、ここでつけます。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● ● ● 5





乾燥 

仕上げが終わると、ひとつひとつ板の上に並べ
自然乾燥で2〜3日ほど乾燥させ、強度を与えます。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● ● ● ● 6



素焼き 

乾燥させた器を並べて重ねたものを
940度で22.5時間、素焼き専用の窯で素焼きを行います。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● ● ● ● ● 7





下絵 

コバルト化合物などを独自の割合で調合した呉須(ごす)という顔料を使います。
ひとつひとつ職人の手により描かれます。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● ● ● ● ● ● 8





釉掛け 

網と細長い棒を使って、釉薬(ゆうやく)をかけます。
釉薬をかけて焼くと、つるつるした光沢のある表面となります。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● ● ● ● ● ● ● 9



本焼き 

余分な釉薬をヘラやスポンジでふきとり、1235度で約22時間焼きます。
藍色の文様のみの製品はこれで完成です。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 10



上絵付 

赤・黄・緑などを使う絵は、本焼きを終えた器のさらに上から描きます。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 11



焼成 

上絵付をしたものは、さらに焼成用の窯に入れ770度で7時間ほど焼きます。

・・・・・・・・・・・・・・・


● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 12



出来上がり 



*文章・写真などは梅山窯さんから許諾をいただいて掲載いたしております。

砥部焼はこんな和食器です

砥部焼は気軽に使える手作りの和食器です



美しい山なみに囲まれた愛媛県砥部町。自然あふれる豊かな地で砥部焼(とべやき)は作られています



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

砥部の象徴「障子山」
砥部町は「清流とほたる みかんと焼きものの町」

「清流とほたる みかんと焼き物の町」砥部は愛媛県松山市からバスで南へ約40分の山間にある自然あふれる小さな町。

町を散策すると100近くの窯元があり、焼き物の町らしい風情をかもしだしています。

230年の歴史ある砥部焼は1976年には国の『伝統工芸品』の指定をうけ、現在も手作りと手描きの伝統を受け継ぎ大切に作り続けられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

砥部焼は長年に渡り愛され続けています

安永6年(1777)。藩主加藤泰時が産業を盛んにし、藩の財政をたすけるために磁器生産を思いついたのが、砥部焼のはじまりです。砥部町で産出されていた良質の砥石・伊予砥の砥石屑を原料として砥部地方の窯業は発展していきました。

砥部焼の白磁は真白でもなく黄ばんでもおらず、独特の落ち着いたあたたかみがあります。その素朴な形と味わいある色は、長く人々に愛され続け現在では100近くの窯元たちが時代にあった工夫とデザインを重ね、さらに発展を続けています。


愛媛県の伝統工芸品 砥部焼


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

砥部焼はいい器を気軽に使いたい方にぴったりの和食器です

砥部焼の代表的な器「からくさの玉ぶち鉢」
あたたか味ある地肌の「陶器」と比べて「磁器」というと冷たいイメージがありませんか?
砥部焼は「磁器」ですが、象牙色のあたたかみある白磁なので冬でも冷たさを感じさせません。

厚手でぽってりとした重量感、あたたかみある白磁の肌に、味わいある素朴な藍色の絵付けが魅力。

和食器のなかでも特に丈夫といわれるほど、強く扱いやすいのですが、そのぶん重たいのが欠点だともいえます。

でも、愛用していくうちにその重たさが「頼もしさ」に変わってくるから不思議です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

砥部焼の特徴はなんといっても『ぽってりとした白磁に藍色の染付』

砥部焼の特徴について

砥部焼・陶房遊 彩り紋の花皿
白磁に藍色が基本の砥部焼ですが、赤絵や色絵付けの作品もあります。最近では、若手の作家さんの斬新な作品も増えてきました。

写真は陶房遊・松田啓司さんの花皿。色とりどりの和柄の絵付けは今までの砥部焼にはない新しさを感じます。

そんな若手作家さんの新しい作品も素朴なぬくもりを感じるところが砥部焼の魅力なのかもしれません。

砥部焼のお取り扱いについて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陶磁器には原料の違いにより主に「陶器」と「磁器」に性質が分かれます
砥部焼は『磁器』の和食器です


陶器の器
陶器とは
「土もの」といわれる陶器の原料は陶土です。

焼成温度は磁器よりも低く、約1200度程度。素地に空洞があるため軽く、地肌は素朴な深みがあり味わいがあります。
しかし、低温で焼くため割れやすく、素地は吸水性があるため、使用前に水に浸したり(食べ物のしみを防ぐため)使用後もよく乾燥させるなど丁寧な扱いが必要となります。
代表的なものに益子焼、信楽焼、萩焼などがあります。

砥部焼は磁器の和食器です
磁器とは
一方砥部焼は「陶器」ではなく「磁器」にあたります。

磁器の原材料は陶石で、焼成温度は一般的に高く、1300度前後なっています。
素地は細かく高温で焼くためかなり硬くなります。
原料に鉄分が少ないので、美しい絵付けが映えるなめらかな白い地肌が特徴です。
砥部焼のほかに代表的なものは九谷焼、有田焼などがあります。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

砥部焼のお取り扱いにつきまして

使いたいときにさっと使え、丈夫で扱いやすい。
砥部焼は長年愛用でき、使うたびに心をなごませてくれる「まいにちの器」にぴったりの和食器です。

*「陶器」のように煮沸など特別なお手入れの必要はありません。

*食器洗浄機もご使用できます。茶渋などの取れにくい汚れが付いたときも台所用漂白剤が
使用できますのでつけ置き洗いをすればピカピカに。

*ほとんどの砥部焼は電子レンジのご使用が可能です。(金彩が入ったものはお避けください。)

*藍色の絵付けだけのものでしたらオーブンも使用できる場合がございます。
(その他の色は上絵付けのため変色の可能性あります。)

*金属たわしのご使用は表面に細かなキズが入ったり、上絵付けが剥れるおそれがありますのでお避けください。




ページトップへ